メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

満蒙開拓団

 日本が1932年、中国東北部に樹立したかいらい国家「満州国」に、45年まで全国から送り込まれた約27万人の農業移民。29年の世界恐慌の余波で農村が困窮し、国内の人口問題解消と食糧増産に加え、旧ソ連との国境地帯強化を狙ったとされる。県などが積極的に移民策を推し進めた長野県からの入植者が最も…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです