メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、地方行脚再開 石破氏は討論会要求

 安倍晋三首相(63)は25日、宮崎市を訪問し、宮崎県内の自民党地方議員らと意見交換した。9月7日告示の総裁選に向けて、約1カ月半ぶりに地方行脚を再開。26日には鹿児島県内で総裁選への立候補を表明する。

 首相は宮崎市での講演で、「観光を地方創生の起爆剤にしたい」と地方重視の姿勢を強調した。党員票固めを狙った首相の地方での会合は7月4日のさいたま市以来。西日本豪雨への対応を優先し、党務での地方回りを控えていた。今後は福井、富山、愛知、三重各県などを訪問する予定だ。

 一方、石破茂元幹事長(61)は25日、読売テレビの番組で「あちこちに行って演説するよりも、時間をき…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1036文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです