メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハイパーカミオカンデ

検討 ニュートリノ観測、精度向上

 文部科学省は、2度のノーベル物理学賞につながる成果を出した「カミオカンデ」「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)に続く、次世代ニュートリノ観測施設「ハイパーカミオカンデ」の建設に向けた検討を始める。素粒子のニュートリノを観測し宇宙誕生の謎に迫る大型施設で、完成すれば3度目のノーベル賞も期待される。来年度当初予算の概算要求に調査費として数千万円を盛り込む。

 「スーパー」の近くに建設予定の次世代施設では、円筒形の巨大水槽の内側に光センサー(光電子増倍管)を…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 福岡 元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです