メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポンペオ米国務長官

訪朝中止 トランプ氏、揺さぶりか 政権内に温度差

 【ワシントン渋江千春、高本耕太】トランプ米大統領は6月の米朝首脳会談以後、北朝鮮との対話の成功、非核化の進展を誇示してきた。だが、今回一転して、その停滞を認め、対北朝鮮交渉の仕切り直しを示唆した。核放棄に向けた具体的な行動を北朝鮮から引き出すためのトランプ氏特有の揺さぶりの可能性もあるが、外交トップの訪朝発表・翌日中止表明によって、非核化をめぐる米朝交渉の先行きは不透明感を増している。

 ポンペオ国務長官は23日、北朝鮮担当特別代表に起用したスティーブン・ビーガン氏を同行させて、4回目…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1413文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです