メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ大統領選

得票操作「証拠なし」 現職の当選確定

 【ヨハネスブルク小泉大士】7月30日に投票されたジンバブエ大統領選の結果をめぐり、同国の憲法裁判所は24日、選挙管理委員会が得票数を操作したとする最大野党の民主変革運動(MDC)の異議申し立てを退けた。現職のムナンガグワ大統領の当選が確定し、26日に就任式が開かれる。ロイター通信によると、裁判長は「選管の不正を裏付ける証拠がない」と述べた。

 今回は、37年間にわたって実権を握ってきたムガベ氏の退陣後初の大統領選として注目を集めた。ムナンガ…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです