メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パウエルFRB議長

「慎重な利上げ、最善」 講演で強調、経済に不確かさ

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は24日の講演で、利上げを続けるにあたり「利上げしすぎて景気拡大を短くするリスクと、利上げが足らずに景気を過熱させるリスクの両方がある」と指摘した。ただ、今後どこまで利上げすべきかの判断材料となる「中立金利」や失業率の推計には不確かさが伴うと強調。このため慎重に利上げを進める従来の手法が最善と結論づけた。

 FRBは景気を熱しも冷やしもしない政策金利の水準を「中立金利」と呼び、今のところ3%をやや下回る水…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです