メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 漁業法、なぜ大幅に改正?=回答・加藤明子

企業の養殖事業活性化 担い手減少、各地で深刻

 なるほドリーマン君 日本の漁業が大きく変わるらしいね。

 記者 漁業の基本的な約束事を定めた「漁業法」という法律を、政府は大幅に改正したいと考えています。柱となるのは「漁業権」を与える優先順位の廃止です。

 Q 漁業権とは?

 A 「決められた期間、決められた水域で、独占的に特定の漁をできる権利」のことです。誰もが勝手に魚を取ってもよいとなると、争いの元になりますね。そこで行政が漁業者と議論して水域を決め「地元漁協を優先する」との規定に沿って知事が免許を与えます。網を張ってサバ、アジなどの魚を取る「定置漁業権」や、真珠などの養殖に必要な「区画漁業権」、浅瀬でアワビやウニを取る「共同漁業権」などがあります。魚が取れそうな沿岸は3~5キロ先まで細かく区分けされており、免許を持っていない人が漁場を荒らすと、20万円以下の罰金刑になることがあります。

 Q 地元漁協が優先だと、何が問題なの?

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです