メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/5 在宅ホスピスの「デスカンファ」 みとりながら、生と死学ぶ

遺影を前にして、遺族と医療・介護の関係者が集う。いい「送り出し」ができた充実感が漂った=2017年9月、滝野隆浩撮影

 いのちをぜんぶ使い切るって、何だろう。とても幸せな感じがするが、病院という「安全優先」の場所では難しいのかもしれない。甲府市の在宅ホスピス医師、内藤いづみさん(62)は20年以上、「使い切る」ことを模索してきた。簡単ではない。でも、家族らの支える意思と医療・介護側の理解があれば可能なのだと、現場で学んだ。

 甲府市のその一戸建ては、上山公一さん(69)の親が50年前に中古で買ったという。沈み込む廊下を通っ…

この記事は有料記事です。

残り2060文字(全文2264文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです