メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『保守と大東亜戦争』=中島岳志・著

 (集英社新書・972円)

 「保守」という言葉は多義的に用いられてきた。近年では保守派の主張といえば先の戦争を「アジア解放のための正しい戦いだった」と肯定するイメージが強いが、戦前・戦中を知る世代の思想家たちは、戦争に至るプロセスに嫌悪感を持ち、超国家主義に強い批判を加えていた。

 本書は竹山道雄、田中美知太郎、猪木正道、林健太郎といった「戦中派保守」の思想を丁寧にたどり、日本では「正統な…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. ドラマ◎NHK 「いだてん」降板、瀧容疑者へ損害賠償請求検討(スポニチ)
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです