メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

空手 植草、貫禄の金 組手68キロ超級

女子組手68キロ超級決勝で相手を攻める植草(左)=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影

 (第8日・記録は共同など)

最重量級20年ぶり

 空手の女子組手68キロ超級が行われ、2016年世界選手権優勝の植草歩(JAL)が金メダルを獲得した。日本女子の最重量級での優勝は1998年バンコク大会の鍋城泉以来20年ぶり。

 女子組手のエースが悲願のアジアの頂点を勝ち取った。前回覇者で7月のアジア選手権では敗れたイランのハミデ・アバサリに雪辱しての優勝に喜んだ。

 アバサリとの対戦は準決勝。用意した秘策が結実したのは1点をリードされ、試合時間残り12秒を迎えた時…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1765文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです