メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

空手 植草、貫禄の金 組手68キロ超級

女子組手68キロ超級決勝で相手を攻める植草(左)=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影

 (第8日・記録は共同など)

最重量級20年ぶり

 空手の女子組手68キロ超級が行われ、2016年世界選手権優勝の植草歩(JAL)が金メダルを獲得した。日本女子の最重量級での優勝は1998年バンコク大会の鍋城泉以来20年ぶり。

 女子組手のエースが悲願のアジアの頂点を勝ち取った。前回覇者で7月のアジア選手権では敗れたイランのハミデ・アバサリに雪辱しての優勝に喜んだ。

 アバサリとの対戦は準決勝。用意した秘策が結実したのは1点をリードされ、試合時間残り12秒を迎えた時…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1765文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです