メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

空手 植草、貫禄の金 組手68キロ超級

女子組手68キロ超級決勝で相手を攻める植草(左)=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影

 (第8日・記録は共同など)

最重量級20年ぶり

 空手の女子組手68キロ超級が行われ、2016年世界選手権優勝の植草歩(JAL)が金メダルを獲得した。日本女子の最重量級での優勝は1998年バンコク大会の鍋城泉以来20年ぶり。

 女子組手のエースが悲願のアジアの頂点を勝ち取った。前回覇者で7月のアジア選手権では敗れたイランのハミデ・アバサリに雪辱しての優勝に喜んだ。

 アバサリとの対戦は準決勝。用意した秘策が結実したのは1点をリードされ、試合時間残り12秒を迎えた時…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1765文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです