メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Suka!ジャカルタ

アジア大会 柔術女子=シンガポール オイ・メイ(42) 競泳から不惑の転身

柔術競技に出場したオイ・メイ

 今回のアジア大会から採用された柔術競技に、かつての競泳五輪代表が出場した。初戦となる女子62キロ級の2回戦から登場して敗れたものの、40歳を超えてなお「現役」で新たな挑戦をしている。16歳だった1992年バルセロナ五輪の競泳女子自由形とバタフライ、個人メドレーの計7種目に出場。いずれも予選敗退だったが、その後も世界選手権に出るなど長くシンガポールの競泳界を引っ張った。

 2001年に競泳の第一線から退いた後は、チェコ屈指の名門・カレル大学で医学博士を取得し医療の道に進…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文745文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです