メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

U20女子W杯 日本3発、雪辱V 再戦のスペイン降す 劣勢覆し、3W杯制覇

 【バンヌ(フランス)共同】サッカーのU20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)最終日は24日、フランスのバンヌで行われ、決勝で日本がスペインを3-1で破って初優勝した。2011年のW杯、14年のU17(17歳以下)W杯に続き、女子で初めて全3カテゴリーのW杯制覇を果たした。

 日本は前半に宮沢(日テレ)が先制点を決め、後半に宝田(セ大阪堺)と長野(仁川)が加点した。終盤のスペインの反撃を1点に抑え、1次リーグで0-1と敗れた相手との再戦を制した。

 スペインにボールを回されても、日本が持ち味を失うことはなかった。献身的な守備と積極的な攻撃を織り交…

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1302文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです