メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災訓練

福井・高浜と大飯、初同時訓練 原発事故想定、2万人参加

関西電力大飯原発で冷却用大型ポンプの設置訓練をする関係者ら=福井県おおい町で2018年8月25日午前10時50分、平川義之撮影

 福井県の関西電力大飯原発(おおい町)と高浜原発(高浜町)の同時事故を想定した国の原子力防災訓練が25日、両町などで実施された。近接する原発の同時事故を想定した大規模訓練は初めて。大飯原発近くのオフサイトセンターでは安倍晋三首相による「原子力緊急事態宣言」がモニター画面に映し出され、参加者たちは緊張した面持ちで訓練に臨んだ。

 訓練は26日までの2日間で、国や関電、半径30キロ圏内の福井県、京都府、滋賀県の住民ら約2万160…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです