メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

井上、世界への一歩 男子マラソン、日本勢32年ぶり金

男子マラソンで金メダルを獲得し、笑顔を見せる井上大仁=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンがあり、井上大仁(ひろと)(25)=MHPS=が2時間18分22秒で優勝した。気温30度の酷暑で、残り100メートルまで競った死闘を制して日本勢32年ぶりの金メダルの快挙。「最後は力が残っていないところから引きずり出した」と誇らしげだ。2020年東京五輪を見すえた暑さ対策も生きた。

 37キロから14年仁川大会(韓国)1万メートル優勝のエルハサン・エルアバシ(バーレーン)との競り合…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 韓国国防省「日本が近接飛行」 東シナ海暗礁付近
  4. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです