メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

競泳・池江ら喜びの帰国 「限界感じず」成長誓う

アジア大会を終えて帰国し、集まった人たちに手を振る池江璃花子(中央)ら=羽田空港で2018年8月25日午後5時36分、藤井達也撮影

 ジャカルタ・アジア大会で日本勢として史上最多となる大会6冠に輝いた競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=ら日本の競泳陣が25日帰国し、羽田空港で記者会見した。池江は「全力を出し切ったが、まだ限界は感じていない」と述べ、2020年東京五輪に向けてさらなる成長を誓った。

 日本は競泳で52個(金19、銀20、銅13)…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです