メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

安倍首相出馬表明「あと3年、かじ取り」

安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相(63)は26日、9月7日告示・20日投開票の自民党総裁選に立候補すると正式に表明した。訪問先の鹿児島県垂水市で記者団に「子供、孫の世代に美しい伝統あるふるさと、誇りある日本を引き渡すため、あと3年、党総裁、首相として日本のかじ取りを担う決意だ。来月の総裁選に出馬する」と明言した。既に出馬表明した石破茂元幹事長(61)との一騎打ちの見通しで、2012年以来6年ぶりの選挙戦となる。

 首相は「この5年8カ月、内政・外交に全力を尽くしてきた。昨年の衆院選で大きな支持をいただいたのはわずか11カ月前で、国民の負託に応えるのは私の責任だ」と述べ、政権継続に意欲を示した。

 出馬を決めた理由については「6年前に厳しい総裁選を戦った。国民のため日本のため、挑戦しなければならないとの決意に変わりはない。気力、体力は十二分だという確信に至った以上、責任を果たさなければならない」と説明した。

 来年には天皇陛下の退位やG20(主要20カ国・地域)首脳会議の日本開催が予定され、20年に東京五輪・パラリンピックも控えていると指摘。「平成の先の時代に向け、新たな国造りの先頭に立つ」と訴えた。

 総裁選の争点については「骨太の議論をしたい」などと語るにとどめた。石破氏が求めている政策別の討論会開催には慎重な姿勢をにじませた。

 首相は1993年衆院選で初当選し、党幹事長、官房長官などを歴任。06年総裁選で勝利して首相に就任したが、07年の参院選大敗後に体調を崩して辞任した。12年の総裁選で石破氏らを破って総裁に復帰し、首相に再登板。15年総裁選では無投票再選しており、今回は連続3選を目指す。党内7派閥のうち細田派など5派と竹下派の衆院側が首相を支持し、国会議員票で優勢な状況だ。

 石破氏は26日、滋賀県草津市で記者団に「選挙戦になるのが正式に決まったのはありがたい。日本の民主主義にとってあるべきことだ」と語った。野田聖子総務相(57)は推薦人集めが難航し、出馬が困難な情勢になっている。【野間口陽】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです