メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野滝

「西郷どん」で有名に 猛暑でも25度

岩の間から水が流れ落ちる長野滝=鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名で、降旗英峰撮影

 鹿児島県薩摩川内市入来(いりき)町に長野滝がある。高さ13メートル。岩のくぼみを白糸のように水が流れる。「気温35度の猛暑日でも、滝の前は25度でした。10度の気温差を体感してほしい」。市観光・シティセールス課の堀之内寛郎(ひろお)さん(40)は涼しさをアピールする。

 滝を流れ落ちる川の名も水源もよく分かっておらず、地元以外では無名の滝だったが、昨年11月にNHK大河ドラマ「西郷どん」のロケがあり、一躍有名に。県外ナンバーの車や観光バスが訪れるようになった。

 撮影されたのは、毒を盛られた島津斉彬が病床に伏し、鈴木亮平さん扮(ふん)する西郷隆盛が滝行をして回復を祈った第11話の一場面。堀之内さんは「撮影後、タンクで現地に持ち込んだ入来温泉のお湯で鈴木さんに温まってもらった」と撮影の裏話を語る。

 鹿児島市との境にほど近く、国道328号から東に約4キロ。生い茂る林を徒歩で抜けると滝が姿を現す。【降旗英峰】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです