メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四日市あすなろう鉄道

さよなら パステルカラー車両

25日から走り出したパステルカラー車両の「ペイント列車」=三重県四日市市で2018年8月25日、松本宣良撮影

 乗客に親しまれてきた「四日市あすなろう鉄道」(三重県四日市市)のパステルカラー車両が9月2日で運転を終えるのに合わせ、同社は25日から9日間の日程で「さよならイベント」を始めた。沿線高校生の絵画作品で装飾した列車を走らせたり、記念乗車券を発売したりして“ラストラン”を盛り上げる。

 2015年4月の開業当初は全14両がパステルカラー(7種類)だったが、リニューアルに伴って次々と外装が変わり、現在は1編成3両(オレンジと緑の2種類)だけ。このうち2両は運転終了後、緑と白を基調にした「なろうグリーン」車両に改造され、1両は廃車になる。

 イベントの目玉は四日市南・四日市四郷高校の美術部員らの作品を貼り付けた「ペイント列車」の運行。「感謝」の気持ちなどを表現した絵やイラスト、書が車両の側面を飾り、人目を引いている。期間中、毎日走る。

 2日は四日市駅で最終列車の出発式(午後2時)などを行うほか、今までに登場したパステルカラー車両を1編成ずつデザインした記念乗車券(硬券、260円区間)を限定発売する。台紙付き5枚1セットで1300円。

 期間中、鉄道グッズを500円以上買った人にパステルカラー車両の「鉄カード」もプレゼントする。四日市あすなろう鉄道は「イベントに参加し、乗客に愛された車両の最後の雄姿を見送ってほしい」と呼びかけている。問い合わせは四日市駅(059・351・1860)。【松本宣良】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです