メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道マラソン

男子は岡本、女子は鈴木がV MGCへ

1位でフィニッシュする岡本直己=札幌市中央区で2018年8月26日、貝塚太一撮影
1位でフィニッシュし、笑顔を見せる鈴木亜由子=札幌市中央区で2018年8月26日、貝塚太一撮影

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(来年9月、東京)出場権を懸けた北海道マラソンが26日、札幌市大通公園を発着点とする42.195キロで行われた。女子は初マラソンの鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2時間28分32秒で優勝、男子は岡本直己(中国電力)が2時間11分29秒で制した。

 男子は岡本に加え、3位の谷川智浩(コニカミノルタ)、4位の大塚祥平(九電工)、5位の中本健太郎(安川電機)の計4人がMGC出場権を獲得。女子は鈴木のみで、15年世界選手権代表の前田彩里(ダイハツ)は2位だった。(スタート時の気象条件=晴れ、気温22度、湿度75%、西北西の風0.3メートル)

 瀬古利彦・日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー 女子は期待していた清田、前田が(MGC出場権に)届かなかったのが残念。男子は昨年より(MGC出場権獲得者が)3人多く、大成功だった。

2020年東京五輪マラソン代表の選考方法

 17、18年度の指定大会で一定の成績を残した選手が19年9月15日開催のMGCの出場権を得る。今大会のMGC進出条件は、男子は日本勢1位で2時間15分以内か、同2~6位で2時間13分以内。女子は日本勢1位で2時間32分以内か、同2~6位で2時間30分以内だった。MGCで男女各2人を五輪代表に決定し、残り1人はMGC後の男女各3レースで設定記録を上回った選手が選ばれる。設定記録を突破する選手が出ない場合、MGCの1~3位が代表になる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです