メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

安倍首相、地方行脚再開 石破氏は討論会要求

 安倍晋三首相(63)は25日、宮崎市を訪問し、宮崎県内の自民党地方議員らと意見交換した。9月7日告示の総裁選に向けて、約1カ月半ぶりに地方行脚を再開。26日には鹿児島県内で総裁選への立候補を表明する。

     首相は宮崎市での講演で、憲法改正について「自衛隊を明記することは自民党員の使命ではないか」と改めて意欲を示し、「観光を地方創生の起爆剤にしたい」と地方重視の姿勢も強調した。

     党員票固めを狙った首相の地方での会合は7月4日のさいたま市以来。西日本豪雨への対応を優先し、党務での地方回りを控えていた。今後は福井、富山、愛知、三重各県などを訪問する予定だ。

     一方、石破茂元幹事長(61)は25日、読売テレビの番組で「あちこちに行って演説するよりも、時間をきちんと取って候補者同士が討論する方が、首相の負担も減り、国民にもわかりやすい」と述べ、総裁選では地方遊説よりも討論会を重視すべきだと主張した。石破氏はテーマごとに4回程度の討論会を求めている。【浜中慎哉、野間口陽】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
    3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
    4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
    5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです