メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY市警

米疾病対策元所長を拘束 セクハラ疑い

 米ニューヨーク市警は24日、ニューヨークの自宅アパートで女性を強引に触った疑いでトーマス・フリーデン米疾病対策センター(CDC)元所長(57)を拘束したと明らかにした。

     市警によると、オバマ前政権でエボラ熱やジカ熱対策など保健衛生政策のトップだった元所長は昨年10月、知人女性(55)の意思に反して尻を触るなどのセクハラ行為をした疑い。女性が今年7月に警察に届けた。

     一方、ワシントン・ポスト電子版によると、メリーランド州議会は24日、ボルティモア選出のカーティス・アンダーソン議員が14年前から継続的に同僚らにセクハラ行為をしていたとして、議会の肩書を剥奪しセクハラ防止訓練を受けさせる決定をした。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです