メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪朝中止

揺さぶり?米朝混迷 平壌、軍パレード準備

 【ワシントン渋江千春、高本耕太】トランプ米大統領は6月の米朝首脳会談以後、北朝鮮との対話の成功、非核化の進展を誇示してきた。だが、今回一転して、その停滞を認め、対北朝鮮交渉の仕切り直しを示唆した。核放棄に向けた具体的な行動を北朝鮮から引き出すためのトランプ氏特有の揺さぶりの可能性もあるが、外交トップの訪朝発表・翌日中止表明によって、非核化をめぐる米朝交渉の先行きは不透明感を増している。

     ポンペオ国務長官は23日、北朝鮮担当特別代表に起用したスティーブン・ビーガン氏を同行させ、4回目の訪朝をすると公表したばかり。訪問が27日の1日だけになるとも伝えられるなど、日程も最終調整が進んでいた。唐突な中止発表により、外交・安全保障政策の判断を巡って政権内の食い違いが再び露呈した感は否めない。

     トランプ氏は首脳会談前の今年5月にも、北朝鮮側の敵意を理由に会談の中止を書簡で通告した。実際には水面下で接触を継続して、結果的に予定通り会談実現にこぎ着けた経緯がある。今回も北朝鮮に圧力を加えるための心理作戦の可能性もある。

     米政権内では、非核化への北朝鮮の本気度に対し懐疑的な見方が広がっている。トランプ氏は11月の中間選挙に向けて目に見える成果を急いでおり、強硬姿勢を示すことで、非核化への措置を早期に取るよう求めたとみられる。

     一方、北朝鮮はこれまで、米朝首脳会談を「成功裏に終えた」と評価しており、9月9日の建国70周年記念日にも成果としてアピールするとみられる。9月中には他にも、韓国との首脳会談のほか、国連総会などの外交日程も控える。米国との関係改善の流れが中断すれば、これらの行事への影響は必至だ。

     北朝鮮は現在、9月9日の建国70周年に向け、大規模な軍事パレードを実施する準備を進めている。米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」によると、22日撮影の衛星写真から、平壌のパレード訓練会場では約120台の軍用車両による編隊や、短・中距離ミサイル運搬用の複数の移動発射台などが確認できたという。朝鮮人民軍創設70年を記念したパレード(2月)より大規模になるとの観測もある。

     6月の首脳会談に絡み、北朝鮮はこれまで、核実験場の爆破やミサイル施設解体の着手、拘束していた米国人の解放、朝鮮戦争(1950~53年)で死亡・行方不明になった米兵の遺骨返還などの措置を取ってきた。だが、非核化とは直接関係がないとの理由から、米国側は北朝鮮が求める朝鮮戦争終結宣言や対北朝鮮制裁の解除・緩和などに応じていない。

     祖国平和統一委員会のウェブサイト「わが民族同士」は今月15日、「米国が宣言採択をはじめ段階的で同時的な行動措置を通じて、相互信頼を実際に示さない限り、非核化問題でこれ以上の進展は期待できない」と明言している。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
    2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
    4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです