メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

「ハイパーカミオカンデ」で3度目のノーベル賞を

壁面に多数の光電子増倍管が並ぶスーパーカミオカンデの水槽の内部。ハイパーカミオカンデでは容量が5倍以上になる=岐阜県飛騨市の東京大宇宙線研究所で2006年、山口政宣撮影

 文部科学省は、2度のノーベル物理学賞につながる成果を出した「カミオカンデ」「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)に続く、次世代ニュートリノ観測施設「ハイパーカミオカンデ」の建設に向けた検討を始める。素粒子のニュートリノを観測し宇宙誕生の謎に迫る大型施設で、完成すれば3度目のノーベル賞も期待される。来年度当初予算の概算要求に調査費として数千万円を盛り込む。

 「スーパー」の近くに建設予定の次世代施設では、円筒形の巨大水槽の内側に光センサー(光電子増倍管)を…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです