メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

競泳から新競技に挑戦したアラフォー

柔術競技に出場したシンガポールのオイ・メイ選手。試合には惜しくも初戦で敗れた=ジャカルタで2018年8月25日、倉沢仁志撮影

オイ・メイ選手(シンガポール)=柔術女子

 今回のアジア大会から採用された柔術競技に、かつての競泳五輪代表が出場した。初戦となる女子62キロ級の2回戦から登場して敗れたものの、40歳を超えてなお「現役」で新たな挑戦をしている。

 16歳だった1992年バルセロナ五輪の競泳女子自由形とバタフライ、個人メドレーの計7種目に出場。いずれも予選敗退だったが、その後も98年世界選手権に出るなど、長くシンガポールの競泳界を引っ張った。

 2001年に競泳の第一線から退いた後は、チェコ屈指の名門・カレル大学で医学博士を取得し医療の道に進…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文771文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです