メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日テニス

12、14歳以下の男女シングルス決勝

 第97回毎日テニス選手権(毎日新聞社主催)は25日、埼玉・智光山公園でジュニアの部の12、14歳以下の男女シングルス、ダブルスの決勝が行われた。14歳以下シングルスは、男子の古姓寛樹(ロイヤルSCテニスクラブ)と女子の長谷川采香(たちかわJTA)が優勝。12歳以下シングルスは、男子が佐々木智哉(STT)、女子は佐藤弘夏(桜田倶)が制した。

     【14歳以下男子】

     ▽シングルス 古姓寛樹(ロイヤルSCテニスクラブ)6-2、6-4石井博将(京王赤城アカデミー)▽ダブルス 池田凌成・京谷仁(グリーンテニスプラザ・浦和パークTC)2-6、6-4、10-6高橋束瑳・田中颯人(ひばりケ丘新豊TC・コートピア大泉TC)

     【同女子】

     ▽シングルス 長谷川采香(たちかわJTA) 不戦勝 入内嶋愛(荏原SSC)▽ダブルス 松田光・小川知紗(石井真テニスアカデミー・グリーンテニスプラザ) 不戦勝 入内嶋愛・金丸日菜子(荏原SSC・桐蔭学園中)

     【12歳以下男子】

     ▽シングルス 佐々木智哉(STT)7-6、6-3高橋凜羽(京王赤城アカデミー)▽ダブルス 泉浩大・本田尚也(上野山テニススクール・サトウGTC)2-6、6-4、10-4大房祐星・佐々木智哉(BASIS・STT)

     【同女子】

     ▽シングルス 佐藤弘夏(桜田倶)7-6、6-3北原結乃(Team YUKA)▽ダブルス 坂野生奈・北原結乃(レニックステニススクール・Team YUKA) 不戦勝 坂口依澄・菅野愛渚(Team YUKA・パームインターナショナルテニスアカデミー)

    優勝者ひとこと

     古姓寛樹 大会が続いていて疲労がたまっていたが、得意なフォアハンドと、強化に取り組んできたサーブを生かすことができた。あきらめない強い気持ちで挑むことが優勝につながった。

     長谷川采香 競った試合でも大事なポイントを、得意のフォアハンドの展開から取りに行くことができたのが優勝につながった。暑い日が続く厳しい大会だったが、優勝できてうれしかった。

     佐々木智哉 速いテンポで相手のタイミングをずらし、得意の高い打点から打ち込むフォアが大きな武器になった。この経験を生かし、次のカテゴリーにつなげたい。

     佐藤弘夏 競った試合や、これまで対戦したことのないような選手と試合をして、勝ちきることで自信がついた。決勝も、得意のフォアハンドからの展開を生かし優勝することができた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
    2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
    4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
    5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです