メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

6冠の池江帰国「まだ限界は感じていない」

アジア大会を終えて帰国し、集まった人たちに手を振る池江璃花子(中央)ら=羽田空港で2018年8月25日午後5時36分、藤井達也撮影

 ジャカルタ・アジア大会で日本勢として史上最多となる大会6冠に輝いた競泳女子の池江璃花子(18)=ルネサンス=ら日本の競泳陣が25日帰国し、羽田空港で記者会見した。池江は「全力を出し切ったが、まだ限界は感じていない」と述べ、2020年東京五輪に向けてさらなる成長を誓った。

 日本は競泳で52個(金19、銀20、銅13)…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです