メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

暑さ対策生きる マラソン金の井上

男子マラソンで金メダルを獲得し、笑顔を見せる井上大仁=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンがあり、井上大仁(ひろと)(25)=MHPS=が2時間18分22秒で優勝した。気温30度の酷暑で、残り100メートルまで競った死闘を制して日本勢32年ぶりの金メダルの快挙。井上は「最後は力が残っていないところから引きずり出した」と誇らしげだ。2020年東京五輪を見すえた暑さ対策も生きた。

     37キロから14年仁川大会(韓国)1万メートル優勝のエルハサン・エルアバシ(バーレーン)との競り合いが続いた。接触して転倒しそうになりながらも最後の直線では必死の形相で足を動かした。わずかな差で振り切り、両手を横に広げて会心のフィニッシュ。井上は「最後はヒヤヒヤした。必死だった」とほほ笑んだ。2人の接触について、バーレーンが井上に妨害行為があったと抗議したが、競技の審判長は妨害行為にあたらないと裁定し、順位は変わらなかった。

     午前6時からスタートしたレースはフィニッシュ時に気温30度、湿度56%。より厳しい条件が見込まれる東京五輪に向け、暑さ対策も試した。5キロごとの給水所にスポーツ飲料だけでなく、体にかける冷水のほか、手のひらを冷やす保冷剤を置いた。血液が冷えて体内を巡り、体温も心拍数も下がる効果があるとされているためだ。

     保冷剤や冷水の入ったボトルを握りしめながら走った井上は「序盤は冷やしすぎて足がつりかけた。改善の余地がある」という。また、日差しの強くなる30キロ以降は帽子をかぶったが、5キロほど走って暑さを感じたのでやめた。ユニホームの通気性を良くするため、自分で小さな穴も開けた。体感した一つ一つのことが東京五輪への貴重なデータとなり、最後まで足が動いた原動力ともなった。

     165センチと小柄だがバネを生かした走りでスピードに自信を持つ。長崎県出身で中学時代は父正文さんと毎朝、5キロ弱の坂を駆け上り、脚の筋力を鍛えた。跳びはねるような独特なフォームを各年代の指導者も尊重した。MHPSの黒木純監督は「ゴムまりのような走り。今までの日本にいないタイプのランナー」と評する。

     日本勢最後の金メダルは1986年ソウル大会の中山竹通だった。当時は瀬古利彦や谷口浩美らがいて、世界と勝負していた。93年生まれの井上は高校入学直後、将来の目標を「世界レベルの選手になる」と記して、自室に張った。原点は変わらない。アジア大会制覇は目標実現への一歩に過ぎない。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
    4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
    5. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです