メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

空手組手、植草歩が金 最重量級で20年ぶり

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、空手の女子組手68キロ超級が行われ、2016年世界選手権優勝の植草歩(JAL)が金メダルを獲得した。日本女子の最重量級での優勝は1998年バンコク大会の鍋城泉以来20年ぶり。

 女子組手のエースが悲願のアジアの頂点を勝ち取った。前回覇者で7月にアジア選手権では敗れたイランのハミデ・アバサリに雪辱しての優勝に「気持ちを込めた試合ができた」と喜んだ。

 アバサリとの対戦は準決勝。用意した秘策が結実したのは1点をリードされ、試合時間残り12秒を迎えた時…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです