メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

ラストスパートで快挙 井上マラソン金

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の男子マラソンで井上大仁(MHPS)が2時間18分22秒で優勝した。後半のペースアップへの対応と強い精神力によるラストスパートが日本勢で32年ぶりの快挙につながった。

 37キロ過ぎから続いたエルハサン・エルアバシ(バーレーン)との一騎打ちはトラックまで持ち込まれた。「『アジア大会で勝つ』と言ってきた。目の前にチャンスが転がっている。どうしても勝たないといけない」と言い聞かせ、疲れた足を必死に動かした。

 胸中には2月の東京マラソンでの悔いがあった。日本歴代4位の2時間6分54秒を出しながらも16年ぶり…

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです