メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

福島千里は予選敗退 女子100メートル

アジア大会・陸上女子100メートル、予選落ちとなり額に手をやる福島千里=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月25日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、陸上の女子100メートル予選があり、福島千里(セイコー)が11秒99で1組4着となり敗退した。自動的に26日の準決勝に進出できる各組3着以内に入れなかった。

 8年前のアジア大会で短距離2冠を達成したころの福島らしさは全く感じられなかった。スタートから出遅れて中盤でも加速できない。4着を守るのがやっとというレースに「不本意。結果を出さなけれ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです