メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

J1

川崎、ベテランが抜け目ないプレー

 ○川崎1-0仙台●(等々力・25日)

     川崎がしぶとく勝ちを拾った。後半10分、仙台GKのキックを敵陣の左サイドで待ち構えた登里が頭ではね返す。中央に飛んだボールの処理を仙台の大岩が誤ると、中村が奪ってそのまま右足でゴールに蹴り込んだ。中村は「GKをよく見て、自分らしからぬ落ち着きで決められた」と冗談めかして言った。小林を中心に厚みのある攻撃を序盤から重ねながら、最終ラインを5人で固める仙台に手を焼いた川崎。ベテランの抜け目ないプレーがチームを救った。

     川崎・鬼木監督 前半は苦しんだが、選手が我慢強くプレーした。狙いすぎて自分たちらしからぬミスが多かったが、後半は試合をコントロールできていた。

     仙台・渡辺監督 相手を押し込む時間を作りたかったが、意外な形で失点してしまった。最低でも勝ち点1は取れた。そういうメンタリティーでなければ上には行けない。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
    3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
    5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです