メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総裁選

「安全運転」首相にどう挑む 揺れる石破氏の戦術

2012年自民党総裁選後の主な出来事

 自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)は安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による一騎打ちの構図が固まった。連続3選を目指す首相は現職の強みを生かし、5年8カ月の政権運営の実績を中心に訴える構え。一方で陣営は石破氏が求める政策テーマ別の討論会には消極的だ。党内の主要派閥から支持され国会議員票で優位に立つ首相だが、戦術は必ずしも「横綱相撲」ではない。【村尾哲、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り2086文字(全文2279文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです