メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーザントラスト

[速報]松山は通算6アンダー26位タイで最終日へ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ノーザントラスト 3日目

PGAツアー第45戦 ノーザントラスト/ニュージャージー州 リッジウッドCC

 パラマス(ニュージャージー州)で開催されているフェデックスカップ・プレーオフ第1戦のノーザントラスト。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場していたが、小平は予選落ちした。松山は通算6アンダー26位タイで最終日を迎えることになった。

MORE:ノーザントラストの最新スコアはここをクリック!

 松山は通算2アンダー44位タイで3日目を迎え、この日は1番ホールからスタート。2番パー3でバーディを先行させると、5番パー4と6番パー3で連続バーディを奪い、前半を3アンダーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー3をボギーとしたが、12番パー4でバーディを取り返し、15番パー3でもバーディを加えた。

 結局、この日のスコアは5バーディ、1ボギーの4アンダー67(パー71)。通算6アンダー26位タイに順位を上げた。

ブライソン・デシャンボーが8アンダー63(パー71)とスコアを伸ばし、通算16アンダー単独首位に浮上した Photo by Gregory Shamus/Getty Images

 3日目終了時点で首位に立ったのは、フェデックスカップ・ランキング9位のブライソン・デシャンボー(米国)。通算8アンダー4位タイで3日目を迎え、8アンダー63でプレー。通算16アンダーまでスコアを伸ばし、後続に4打差をつけた。

 首位と4打差の通算12アンダー2位に、フェデックスカップ・ランキング49位のキーガン・ブラッドリー(米国)が浮上した。ブラッドリーは9アンダー62をマークし、一気に順位を上げた。

 首位と5打差の通算11アンダー3位タイに、キャメロン・スミス(豪州)とトニー・フィナウ(米国)の2人が並んでいる。

 2日目終了時点で首位だったブルックス・ケプカ(米国)とジェイミー・ラブマーク(米国)は、ケプカが1オーバー72で通算9アンダー7位タイ、ラブマークが2オーバー73で通算8アンダー14位タイに後退した。

 フェデックスカップ・ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)も1オーバー72とスコアを落とし、通算7アンダー20位タイ。

 5年ぶりのプレーオフ出場となったタイガー・ウッズ(米国)は、通算イーブンパー67位タイで3日目を迎え、3アンダー68でプレー。通算3アンダー49位タイに順位を上げた。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都教委 自民都議問題視の性教育容認 中3に性交など説明
  2. 北電 企業や家庭への節電協力を緩和
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  5. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです