メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

男子100「銅」 山県、計測は9秒997 記録、1000分の1単位切り上げ

陸上男子100メートル決勝で、3位でフィニッシュする山県亮太=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月26日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会で26日、陸上男子100メートルの山県亮太(26)=セイコー=が10秒00の自己タイ記録で銅メダルを獲得した。自身初、日本選手2人目の9秒台にわずかに届かなかった結果には、記録計測の仕組みも関係している。

 決勝の公式記録には山県の「10秒00」の横に「・997」と付記され、同じ10秒00で2位のT・オグノデ(24)=カタール=には「・995」とあった。これは、詳細な計測では山県が9秒997、T・オグノデが9秒995だったことを意味する。

 陸上のトラック競技の記録と着順は、1秒間に1000コマ以上の高速でフィニッシュライン上を撮影し、そ…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです