メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

男子100「銅」 山県、計測は9秒997 記録、1000分の1単位切り上げ

陸上男子100メートル決勝で、3位でフィニッシュする山県亮太=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月26日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会で26日、陸上男子100メートルの山県亮太(26)=セイコー=が10秒00の自己タイ記録で銅メダルを獲得した。自身初、日本選手2人目の9秒台にわずかに届かなかった結果には、記録計測の仕組みも関係している。

 決勝の公式記録には山県の「10秒00」の横に「・997」と付記され、同じ10秒00で2位のT・オグノデ(24)=カタール=には「・995」とあった。これは、詳細な計測では山県が9秒997、T・オグノデが9秒995だったことを意味する。

 陸上のトラック競技の記録と着順は、1秒間に1000コマ以上の高速でフィニッシュライン上を撮影し、そ…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです