メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

男子100「銅」 山県、計測は9秒997 記録、1000分の1単位切り上げ

陸上男子100メートル決勝で、3位でフィニッシュする山県亮太=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月26日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会で26日、陸上男子100メートルの山県亮太(26)=セイコー=が10秒00の自己タイ記録で銅メダルを獲得した。自身初、日本選手2人目の9秒台にわずかに届かなかった結果には、記録計測の仕組みも関係している。

 決勝の公式記録には山県の「10秒00」の横に「・997」と付記され、同じ10秒00で2位のT・オグノデ(24)=カタール=には「・995」とあった。これは、詳細な計測では山県が9秒997、T・オグノデが9秒995だったことを意味する。

 陸上のトラック競技の記録と着順は、1秒間に1000コマ以上の高速でフィニッシュライン上を撮影し、そ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです