メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

インドネシア野球、日本人指導者 感謝胸に強化に尽力 一度は失った情熱、取り戻す

野球のインドネシア代表チームの選手に指導する野中寿人さん(右)=本人提供

 【ジャカルタ円谷美晶】ジャカルタ・アジア大会の野球競技には、地元・インドネシアも出場している。育ての親ともいえる日本人指導者の野中寿人(かずと)さん(57)が延べ9年にわたり代表監督として強化に尽力してきた。一度は失った野球への情熱をインドネシアで取り戻した野中さんは「もっと底上げをしていきたい」と夢を膨らませている。

 野中さんは東京・日大三高時代には捕手として甲子園に出場したが、日大では指導方法への反発などから情熱…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1138文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです