メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

インドネシア野球、日本人指導者 感謝胸に強化に尽力 一度は失った情熱、取り戻す

野球のインドネシア代表チームの選手に指導する野中寿人さん(右)=本人提供

 【ジャカルタ円谷美晶】ジャカルタ・アジア大会の野球競技には、地元・インドネシアも出場している。育ての親ともいえる日本人指導者の野中寿人(かずと)さん(57)が延べ9年にわたり代表監督として強化に尽力してきた。一度は失った野球への情熱をインドネシアで取り戻した野中さんは「もっと底上げをしていきたい」と夢を膨らませている。

 野中さんは東京・日大三高時代には捕手として甲子園に出場したが、日大では指導方法への反発などから情熱…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1138文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです