メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

女医の源流=永山悦子

 今から118年前、女性医師を育てる「東京女医学校」が産声を上げた。後の東京女子医大(東京都新宿区)だ。開設したのは国内27人目の女性医師の吉岡弥生(当時29歳)。女性も受け入れていた医学校が突然、女子学生の入学拒否を決めたことがきっかけだった。

 「私の頭へ一番先にきたのは、このままに捨てておいたならば、今後の女医の志望者の運命や日本の女医の将来がどうなるであろうかという問題でありました」(「吉岡弥生伝」神崎清著)

 財産もなく「市井の一女医」の弥生が「日本の女医の伝統は守っていかねばならぬ」と立ち上がり、自らの医…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文940文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです