メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新20世紀遺跡

/59 神奈川県湯河原町 光風荘/上

牧野伸顕が襲われた直後の光風荘=1936年2月26日撮影

2・26事件、記憶を刻む「現場」

 早朝の温泉街に、突然銃声が響いた。神奈川県・湯河原。老舗旅館伊藤屋の別館、光風荘を2・26事件(1936年)に参加した青年将校ら8人が襲った。狙われたのは、そこで静養していた前内大臣で伯爵の牧野伸顕(1861~1949年)である。この年75歳の老人に放たれたおびただしい銃弾は、大日本帝国の前途を照らす稲妻であった。

 牧野は大久保利通の次男。外交官から政治家に転じて文相、外相などを歴任し、25年から10年にわたって…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1397文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  4. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  5. ORICON NEWS 「オリンピックおじさん」死去 吉田沙保里さんや福原愛さん追悼 声援に感謝の言葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです