メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民間宇宙旅行

2018年、宇宙の旅へ 米ベンチャー2社が意欲 1人2000万~3000万円

 民間宇宙旅行の実現を目指す米宇宙ベンチャー2社が、早ければ今年中に初の有人飛行に挑む意欲を示している。開発段階で死亡事故も起きており安全確保が大前提だが、お金さえあれば誰でも宇宙に行けるようになるかもしれない。

 順調に進んでいるのが、6人乗りのカプセル型宇宙船で高度100キロ超の宇宙まで垂直上昇するブルーオリジン社の有人飛行システム「ニューシェパード」。宇宙船は上空でロケットから分離して自由落下し、パラシュートで地上に戻る。数分間とはいえ、乗客は無重力状態を楽しめる。ロケットは無人着陸させて何度も使う。

 ブルーオリジンは、米インターネット通販大手アマゾン・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文837文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. はやぶさ2 小型探査ロボット2台投下 小惑星に向け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです