メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた人模様

日本伝統俳句協会会員 青木福太郎さん /新潟

四季の風、生きた証しを句に 青木福太郎さん(85)

 朝、目覚めると目を開ける前に耳を澄ます。聴覚に全神経を集中するとさまざまな音が体に届く。小鳥のさえずりやセミの鳴き声。時にはたたきつけるような風雨。降雪の朝は静けさに包まれ、音は何も聞こえない。「今日はどんな一日になるのか。どんな俳句が作れるのか」と思いを巡らせ起き上がる。

 先輩俳人から手ほどきを受けながら、本格的に俳句を作り始めたのは50代のころだった。「一日の終わりに…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的
  4. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  5. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです