メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/26 将棋 桐山清澄九段 輝き放ついぶし銀 /大阪

「大自然が好き。今行ってみたいのはフィヨルドや森林が美しい北欧です」と話す桐山清澄九段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

桐山清澄九段(70)=高槻市在住

 プロ棋士になって52年。現役最年長棋士は、過去9人しか達成していない通算1000勝の大記録にあと8勝と迫る。ニックネームは「いぶし銀」、カラオケのおはこは「時代おくれ」。しかし、普段は将棋ソフトも使って勉強し、体力維持のため週2回、ジムに通う。関西将棋界が誇るレジェンドは、見た目も、将棋の内容も若々しい。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1589文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです