メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/22 囲碁 余正麒七段 平常心でトップ目指す /兵庫

少年時代はバスケットボールにも熱中。「棋士になっていなかったら、スポーツ選手を目指していた」と話す余正麒七段=大阪市中央区の関西棋院で、新土居仁昌撮影

余正麒(よ・せいき)七段(23)=神戸市在住

 今月初め、王者・井山裕太7冠の牙城の一角が崩れた。碁聖戦五番勝負で、初挑戦の台湾出身、許(きょ)家元(かげん)七段(20)=当時=が3連勝でタイトルを奪取。打倒井山のライバルたちに、刺激を与えないわけはない。とりわけ、許を弟のようにかわいがっている余(よ)正麒(せいき)七段には、期するところがあろう。しかし、「平常心」を旨とする余に気負いは感じられない。中国、韓国をも見据えた戦いは、これからが正念場だ。

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです