メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/22 囲碁 余正麒七段 平常心でトップ目指す /兵庫

少年時代はバスケットボールにも熱中。「棋士になっていなかったら、スポーツ選手を目指していた」と話す余正麒七段=大阪市中央区の関西棋院で、新土居仁昌撮影

余正麒(よ・せいき)七段(23)=神戸市在住

 今月初め、王者・井山裕太7冠の牙城の一角が崩れた。碁聖戦五番勝負で、初挑戦の台湾出身、許(きょ)家元(かげん)七段(20)=当時=が3連勝でタイトルを奪取。打倒井山のライバルたちに、刺激を与えないわけはない。とりわけ、許を弟のようにかわいがっている余(よ)正麒(せいき)七段には、期するところがあろう。しかし、「平常心」を旨とする余に気負いは感じられない。中国、韓国をも見据えた戦いは、これからが正念場だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです