メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

映画を見てますか 大阪や自宅で鑑賞楽しむ /奈良

 映画「男はつらいよ」で奈良が舞台になっている作品がいくつあるかご存知ですか。

     記念すべき第1作(1969年)で法隆寺や東大寺・二月堂が登場するほか、第27作「男はつらいよ浪花の恋の寅次郎」(81年)で生駒の宝山寺、第39作「男はつらいよ寅次郎物語」(87年)で吉野山と計3作品で奈良が舞台になっています。

     フーテンの寅さんが主役の下町人情喜劇で、古都・奈良とは少し縁遠いような気もします。しかし、日本の伝統文化や各地のお祭りなど「地方の風情」を大切にする人気シリーズだけに、奈良も大切な舞台だったのでしょう。

     県の観光公式サイトに「奈良にゆかりの映画情報」として、奈良をテーマにしたり、奈良でロケをした映画計93作品が紹介されています。スクリーンを通して見ると、また違った奈良の姿を知ることができるかもしれませんね。

     と言うわけで今回のテーマは「映画」です。奈良県民はどれぐらい映画を楽しんでいるのでしょうか。

     総務省統計局がまとめた2018年版「統計でみる都道府県のすがた」によると、人口100万人当たりの常設映画館数は4・4館で全国46位です。全国平均の4割以下しか映画館がありません。

     それほど映画を見ないのかというとそういうわけではありません。総務省統計局の2016年社会生活基本調査から、過去1年間に映画を鑑賞した10歳以上の人の割合(鑑賞者率)を調べてみました。

     映画館で鑑賞した人の割合は40・7%で全国8位、テレビやDVDなど映画館以外で鑑賞した人の割合は52・7%で全国7位と上位に食い込んでいることが分かります。

     大阪の映画館に足を延ばして鑑賞する人や、自宅でのんびりと映画を楽しむ人が多いということでしょう。【松本泉】


     ◆常設映画館数(人口100万人当たり)

     43位 宮城県 5.6館

     44位 岡山県 5.2館

     45位 富山県 4.7館

     46位 奈良県 4.4館

     47位 埼玉県 4.1館

       全国平均 11.7館

     ◆映画館での鑑賞者率

     1位 東京都  49.7%

     2位 神奈川県 47.4%

     3位 千葉県  45.1%

         ◇

     8位 奈良県  40.7%

        全国平均 39.6%

     ◆映画館以外での鑑賞者率

     1位 東京都  61.7%

     2位 神奈川県 58.4%

     3位 千葉県  57.9%

         ◇

     7位 奈良県  52.7%

        全国平均 52.1%

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです