メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩む

高崎真理さん(44)=直方市 直方少年少女合唱団保護者会代表 /福岡

35人のマネジャー役 「伝統守りつつ新しいものを」

 澄んだ歌声が響く練習場の片隅。幼稚園児から高校1年生まで35人のマネジャー役として世話をする。一眼レフカメラを手に、練習から本番まで団員と行動を共にする姿を「合唱団の追っかけですね」と自称する。

 合唱団は結成34年目。毎年の定期演奏会のほか、各種イベントなどで月1回程度のステージをこなす。3年前は全国大会に出場した経験も。現在の団員は女子のみ。原田結花さん(指揮)、綾香睦子さん(ピアノ)の指導で、毎週土曜日午後1時から、直方市中央公民館で練習している。

 年少の子の面倒を年長の子が見るのがこの合唱団の伝統。歌だけでなく、ダンスやミュージカルにも挑戦する…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです