メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

核禁止条約来年発効へ 被爆者らの働きかけ重要 ピースボート共同代表・川崎さん 長崎 /長崎

 昨年のノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の国際運営委員で、NGO「ピースボート」の共同代表も務める川崎哲(あきら)さんが26日、長崎市内で講演した。昨年国連で採択された核兵器禁止条約の法的性格や政治的意義などを説明。来年末にも発効するとの見通しを示した上で、全国の被爆者らが条約に署名していない日本政府への一層の働きかけを求めた。【今野悠貴】

 九州の被爆者や被爆2世らが集い、日ごろの活動を報告する「九州ブロック原水禁被爆者交流集会」での記念…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  3. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです