メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子100 山県「銅」 幻の9秒台 切り上げで10秒00

陸上男子100メートル決勝で力走し、3位に入った山県亮太(中央)。左手前は優勝した中国の蘇炳添=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の男子100メートル決勝があり、山県亮太(26)=セイコー=が10秒00(追い風0・8メートル)の自己記録に並ぶタイムで銅メダルを獲得した。2位のT・オグノデ(24)=カタール=は山県と同じ10秒00。着差判定のために通常は発表されない1000分の1秒まで公式記録に示され、測定値で山県は9秒997、T・オグノデは9秒995だったために3位となった。9秒92の大会新記録をマークした蘇炳添(28)=中国…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです