メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子100 山県「銅」 幻の9秒台 切り上げで10秒00

陸上男子100メートル決勝で力走し、3位に入った山県亮太(中央)。左手前は優勝した中国の蘇炳添=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の男子100メートル決勝があり、山県亮太(26)=セイコー=が10秒00(追い風0・8メートル)の自己記録に並ぶタイムで銅メダルを獲得した。2位のT・オグノデ(24)=カタール=は山県と同じ10秒00。着差判定のために通常は発表されない1000分の1秒まで公式記録に示され、測定値で山県は9秒997、T・オグノデは9秒995だったために3位となった。9秒92の大会新記録をマークした蘇炳添(28)=中国…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです