メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

党員票、風向きは?=山田孝男

山田孝男・特別編集委員

 本命が勝ったのに、挑戦者の方が意気盛んな自民党総裁選があった。

 宮沢喜一が当選し、渡辺美智雄が2位につけた1991年秋である。

 最大派閥・竹下派は宮沢を推したが、党内に「竹下派支配」への不満がくすぶり、造反が起きた。渡辺の基礎票は渡辺派の70人(党内4位)だったのに、120票獲得。開票直後、どよめきが広がった。

 <安倍1強>に不満がくすぶる今日、故(ふる)きを温(たず)ねる意味はあろう。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1355文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです