メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2012年自民党総裁選後の主な出来事

 自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)は安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)による一騎打ちの構図が固まった。連続3選を目指す首相は現職の強みを生かし、5年8カ月の政権運営の実績を中心に訴える構え。一方で陣営は石破氏が求める政策テーマ別の討論会には消極的だ。党内の主要派閥から支持され国会議員票で優位に立つ首相だが、戦術は必ずしも「横綱相撲」ではない。【村尾哲、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2258文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです