メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就労移行支援事業所で内職作業をする男性。アルコール性認知症と診断されたが、断酒して記憶を取り戻した=大阪市内で、反橋希美撮影

 65歳以上の日本人の4人に1人が認知症かその予備軍とされている。要因はさまざまだが、その一つにアルコールがあることはご存じだろうか。高齢化が進む中、お酒の問題を抱える人の中でお年寄りの割合も増えている。「アルコール性認知症」の症状や治療の可能性を取材した。

 ●増える高齢患者

 物忘れが目立つようになった高齢男性。家族が病院に連れて行くと、若い時からのお酒の飲み方を指摘され、依存症の専門病院を紹介された--。アルコール依存症を専門に扱う東布施辻本クリニック(東大阪市)ではこの15年ほどで、こんな患者が増えてきた。

 アルコール問題のある患者の高齢化は、臨床現場で指摘されている。背景には、定年後に生きがいを失って依…

この記事は有料記事です。

残り1972文字(全文2280文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです