メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 空手・組手 荒賀龍太郎(27) 親子ダカ、心鍛え成長

「スピードドラゴン」荒賀龍太郎

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 空手の男子組手84キロ級で2016年の世界選手権金メダリストの荒賀の異名は「スピードドラゴン」。名前の龍と世界最速とも言われる突きの速さから名付けられた。父正孝さんが漫画「巨人の星」を地で行くスパルタで鍛え上げた拳で、世界王者に上り詰めた。荒賀は「スピードでは誰にも負けない」と絶対の自信を持つ。

 両親が空手道場を経営する空手一家の長男として京都府で生まれ、3歳の頃には練習を始めていた。正孝さん…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文959文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです