メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 山県、悔しい銅 男子100メートル、日本2大会連続メダル

陸上男子100メートル決勝で3位に入った山県(右から2人目)。右端は優勝した中国の蘇炳添=ジャカルタで2018年8月26日、宮間俊樹撮影

 (第9日)

 陸上の男子100メートル決勝で、山県亮太(セイコー)が10秒00(追い風0・8メートル)で銅メダルを獲得した。日本勢では2014年の仁川(韓国)大会の高瀬慧(富士通)の銅メダルに続く2大会連続のメダル獲得となった。蘇炳添(中国)が9秒92の大会記録で優勝した。

 大舞台で理想のレースは展開できた。スタートから低く飛び出し、中盤で加速する。しかし、二つ右のレーンを走る蘇炳添は終始、先を行き、背中には届かない。T・オグノデ(カタール)にも競り負け、自身が持つ日本歴代2位タイと同じタイムをたたき出したが3位に終わり、思わず両手を膝についた。「少し残念だが精いっぱいのレースができた。金メダルを狙っていたので悔しいけどメダルを取れたのでうれしい」と複雑な胸中を話した。

 前日の予選でT・オグノデにスタートからリードを許して先着されると、自ら映像を見返して一晩で修正した…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです